昨日、こんなご相談がありました。



「やりたいことだと
思っていたのに


いざ行動しようと思うと
大変な道のりを
想像してしまって


やりたくなくなったんです。



だからもう
計画するのも
やりたいことを求めるすぎるのも
やめようと思うんですが



やっぱり計画は
立てた方が
良いのでしょうか。。。?」



とのこと。



この

「やりたいことだったのに
やりたくなくなっちゃった!」


という
情熱の浮き沈みに
陥りやすい方には
2つの傾向があるんです。



ひとつは


【自分で考えることが苦手で
他人に考えてもらったり
他人から正解をもらおうとする。】


ことです。



自分の中で
追求した答えではなく


他人からもらった夢だったり
他人からの意見が
自分の「やりたいこと」だと
勘違いしてしまうと



そもそも
「自分がやりたいこと」
ではないので


途中で挫折してしまいます。



ふたつめは


【やりたいこと、の
目的や理由が
不明確だから】

です。



「なぜ、やりたいのか?」

「実現した先に
どんな未来を
求めているのか?」


が自分の中で
不明確だと



挫折や苦労があったときに
心が折れてしまいます。



とことん追求して
自分と向き合えないと
見えてこないもの
かもしれません。



結論、
情熱の浮き沈みに
陥りやすい方は


「自分から逃げないこと」


が解決策だと
私は考えます。




自分から向き合うことを避けて

恋愛に逃げたり
仕事に逃げたり
してはいけません。



時にはそういう時間も
必要かもしれませんが



いつまでも
自分から逃げることは
なんの解決にもなりません。



自分の人生の答えは
自分の中にしかありません。



「やりたくなったり
やりたくなくなったりと
自分の情熱に
浮き沈みがある」



という方は


目を背けてきた自分と
向き合うタイミングを
ぜひ作ってみてくださいね^^



それでは今日も
素敵な一日を
お過ごしください!