まみたすです。

 

今日は結婚について

書いてみます。

 

 

 

あるクライアントさんは

今お付き合いしている彼と

婚約をしていて

 

 

来月、両親の顔合わせがあり

粛々と結婚の準備を進めていました。

 

 

でも結婚に向けて

「彼と金銭感覚は合うかな」

「彼と価値観は合ってるのかな」

という不安が拭えず

彼との将来に不安があるという

お悩みがありました。

 

お話を聞いていくと

1番の彼女の不安は

「自分が専業主婦になったら

存在意義がなくなっちゃうんじゃないか」

という不安でした。

 

 

「社会での役割がなくなるんじゃないか」

「自分の存在意義を感じれなくなるんじゃないか」

「なにか没頭できるものがないと

生きる意味を見出せなさそう」

 

そんな「生きる意味を見失う不安」

彼女の根底にありました。

↑ここに関しては3年程悩んでいたとのこと。

 

 

そこから対話を重ね

・自分にとって大切なものはなにか

・どういう未来がほしいのか

・どういうことに興味を感じるのか

・結婚にゆずれないこと

などを明確にし

 

結婚に対して前向きに考え

今では毎日すっきりと過ごされています。

 

 

 

でね、

私はこのクライアントさんのように

「結婚したら自分の存在意義が

なくなるんじゃないか」

って感じる人は多いと思うんです。

 

 

というか

まさに私がそうだった😱

 

 

女性は体の性質上

子供を産むときは

体に負担がかかって

どうしても男性のように

自由には動けず

一度社会から離れる時期がある。

 

 

会社員時代、上司に

「どうして女性管理職を増やさないんですか?」

と聞いた時に

「女性は結婚や出産で

働けなくなる時があるから

会社としては女性に管理職を

任せるにはリスクがある」

と言われたことがあります。

 

 

上司の言うことはそのとおりだけど

当時の出世願望が強い私は

とっても悔しい思いをしたことを覚えています。

 

いくら実力で上にあがったとしても

女性だから役職を

おろされることがあるのかと。

 

職場に復帰した時には

他の人が自分のポジションにいるのかと。

 

女性はなんて生きづらいんだ

 

って思いました。

 

 

だから今回のクライアントさんの話は

とっても共感。

 

 

でも私は思ったんです。

 

今は、時代が女性の味方をしている。

 

 

働き方が自由になってきている。

 

個性を活かして働けるようになっている。

 

副業OKの会社も増えているし

医療の発達で年齢を重ねても子供を産める。

 

SNSでいつでもどこでも情報が得られる。

 

テレワークが当たり前になってきたことも

めっちゃありがたいですよね。

 

 

ガツガツと体を動かさなくても

社会に価値を提供して

働くことができる。

 

 

だからもう

 

仕事か家庭か

みたいな考えはしなくても

 

仕事も家庭も趣味も

全部、叶えることができる。

 

 

 

将来やりたいことがない

自分の未来が描けない

仕事をどうしようか悩む

結婚相手を選べない

 

20代独身女性の

あるあるのお悩みは

 

 

 

「会社で長く働く」

「結婚して子供を産む」

「20代のうちに結婚する」

「子供を授かったら働けない」

「家事育児は女性の仕事」

 

みたいな

今までの当たり前があると

自分の叶えたい未来は見えない。

 

 

自分で人生を創っていけるし

存在意義も自分で作れる。

 

 

 

専業主婦も

家族が帰る家を守り

家族の居場所を創る

素晴らしい役割だと思う!!

そして結婚しない選択も

全然ありだと思う!!!

もうなんでもありだ!!笑

 

 

 

女性は男性よりも

しがらみが多い人生かもしれない。

 

生きづらいところがあるかもしれない。

 

でもその分、

女性の体も頭も賢く柔軟にできている。

 

これを活かして楽しまなきゃだし

女性の笑顔で子供も男性も

幸せにできるんだ!!

 

って思ったら、女性って楽しい♡

 

いろんな常識をとりはらったら

あなたはどんな人生を

生きたいですか?

 

ここを明確にすると

どんな人と結婚したいか、

どんな働き方がしたいか、

そもそも結婚したいのかどうかが

明確になります✨

 

人生の選択肢に悩む方は

ぜひ長い目で人生を創造してみてください^^

 

まみたすでした!