まみたすです。

 

 

物の販売でも

エステでも

セラピストでも

コーチでも

 

「なぜか継続して買ってもらえない」

「断られる理由がわからない」

「なかなか紹介が生まれない」

 

と感じることはありませんか?

 

 

私もそう感じることがあるのですが

そのときはいつも

「あ、これ聞いてなかったー!」と

ある2つの質問

をしそびれたことを

反省しまくるものです。。。

 

 

今日はその2つの質問について

お話をしようと思います。

 

 

ひとつめ。

「どうなりたいですか?」

とお客様の未来を聞く。

 

お客様がどうなりたいか?(目標)

なぜそう思っているのか?(目的)

いつまでにそうなりたいのか?(期日)

をしっかりヒアリングすることです。

 

 

ほとんどの方は

最初にしっかりヒアリングされますが

 

 

たまに、全然ヒアリングせずに

サービスを実施する方がいますよね。

 

 

これを聞かずして

「あなたはピンクのメイクがあってる」

「明るいファッションの方が綺麗」

「もっとお腹にくびれをつくったほうがいい」

と、

自分が思う「理想」をイメージして

関わってしまうと

 

 

お客様はリピートせず

自然と離れてしまいます。

(当たり前のことですが)

 

 

あまりにも自分の

「売りたい!」

という気持ちが出てしまうと

 

 

自分の妄想で

お客様の「理想」を

イメージしてしまうんですね。。。

 

 

だからこそ

どの職業にも

お客様の本音を引き出す

「コーチングスキル」は

大事だなと痛感しています。

 

 

そしてふたつめ!

「私にリクエストはありますか?」

という、

 

・サービスの質の確認

・関わり方のリクエスト

・言えていないサービスの不満点

・もっとこうしてほしい!という要望

 

を確認することです。

 

 

変にプライドが高いと

この一言はなかなか

言えないのです。

 

 

 

ご契約をいただいた後や

サービスを提供した後、

 

「今日も無事に終わった!」

と安堵するのではなく

 

「私にリクエストはありますか?」

とサービスの満足度を確認できる人と

そうでない人とでは

ビジネスの結果に

大きな差ができます。

 

 

より質が高く

満足度も高く

お客様にサービスを提供し続けるために

 

この2つの質問

・どうなりたいですか?

・私にリクエストはありますか?

 

はしっかり聞いておくことをおすすめします♡

 

皆様の素敵なサービスが

求めている方にしっかり届きますように♪

 

まみたすでした!