先日のレッスンで

「目標が見えません。」

という
ご相談がありました。



自分の3年後
5年後の未来って


突然
「イメージしてください。」
と言われても


なかなか描けない

ものだったりしますよね。



今日はそんな
みなさんの

「未来の描き方」

について
お伝えします。



先日のレッスンでは
あるワークを実践し
未来を描くことができました。



どんなワークかというと


「自分の人生

生まれた日から
死ぬ日まで

一本の道に
なっていると
思ってください。


この道の上に
今、あなたは
立っています。



3m歩いた先は、死ぬ日。
その3m後ろを行けば、
生まれた日、
があります。



この道の上を
あなたは自由自在に
動けます。」



という前提で
その場に立ってもらい



道の上を行き来しながら
自分の人生と向き合う



というワークです。



「3歩前に歩いてください。
今、どこにだれといて
なにをしていますか?」



そう投げかけると
不思議なことに、



きちんと自分の未来を
言語化してくれるんですね。



未来は
描けないのではなく

【描いていない】

ただそれだけです。



日本のように
いろんな物も
情報も人も
自然も機会も
溢れている国だから

「選択肢」

は溢れるほど
あるはずなんです。



自分の未来に
制限をかけているのは
自分自身、です。



もし、あなたが
立っている場所が
「今」だとして



3歩進んだ先が
死ぬ日だったら



あなたはどんな場所で
誰とどんなふうに
命を終えますか?



未来は選択できます。




それでもやっぱり

「なかなか未来を
描けません!!」


という方は


「なぜ、今このメルマガを
読んでいますか?」


「なにを求めて
ここまで読んでいますか?」



を思い返して
みてくださいね^^



行動した理由が
あなたの望む未来に
つながっていると思います♪



それでは今日も
素敵な1日を
お過ごしくださいね!