まみたすです^^




さて今日は


「ストレス」


についてです。




今、日本が


【ストレス社会】


と言われてる要因って
なんだと思いますか?




これ、投げかけておいて
私は正解を知らないのですが。笑




ストレスを感じるタイミングは
人間関係が大半なのでは
と思ってます。



人間関係は昔と比べて
SNS・テレビ・インターネットが
頻繁に使われる分、



不必要な情報まで
入ってしまったり


事実ではない情報が
錯乱してしまったり


SNSでの投稿や反応が
「つながり」に
なってしまったりで



人間関係が
簡単に創れて、壊れてを
繰り返してしまう


「もろい鎖」


になってしまっている
ところがあります。




悪い面ばかり
ではないですが


そういう情報化社会に
生きることで



ストレスは
ひとりひとりに毎日
降りかかっているのでは
と感じます。




だからこそ個々が
ストレスに対する考え方や
ストレス耐性を整えることが



今の日本で生き抜くためには
重要なことだと思ってます。




ところで眞味さんは
ストレスはどういうときに感じるか
ご存知ですか???




実は、ストレスは


「自分にとって大切なもの」


が脅かされた時に
生じるものなんです。




自分の時間

自分の身体・体調

人との繋がり

経済状況




などなど、、、


「自分の大切なものが脅かされる!」


と感じた時に



不安

緊張

怒り

寂しさ

疲労




などを感じて
ストレスになります。



なので、実は
「ストレスを感じているとき」は



あなたの

【ストレスの裏にある思い】

を見てみると


あなたの価値観が
隠れていたりします^^




実はストレスを
感じることってそんなに
悪いものでは
ないんですよ^^




、、、、、、とまぁ、
ちょっとポジティブに
言ってみました。





と、いうのも、
人はストレスだけ
では死ななくて



「ストレスは害だ!」
「ストレスは健康に悪い!」


【思っている人】は
死亡リスクが高い
だけなんです。




「ストレスには良い効果がある」
と思っている人たちは



「ストレスは害になる」
と思っていると人比べて



鬱状態になりにくく、
人生に対する満足度が
高いんです。




「ストレスは害になる」

と考えている人の多くは



「ストレスへの対処方法は
ストレスをなるべく
避けることだ!」



と思って



ストレスに向き合おうとせず、
ストレスの原因について
なるべく考えないようにしたり




ストレスの原因に対処しようとせず、
ストレスをまぎらわそうとしたり、



ストレスを紛らわすために
お酒・たばこなどに依存したり、




ストレスの原因となっている
人間関係や役割や目標に対して
努力したり、意識を向けたりする
のやめたりします。




その結果、


イベントや活動に
参加する機会や


役割を引き受ける機会
があっても


ストレスが多すぎるために
機会を逃したり


生活のストレスについて考え
様々な感情が湧いてくるのを
避けたり



自分の将来に
限界を設け


挑戦せずに
諦めてしまったりと



多くのストレスの代償
を払っています。




しかし反対に、
ストレスに対して

「積極的に対処すると効果的だ!」

と考える人は、




強いストレスを感じる出来事が
起きたことを受け止め
現実として認識したり



ストレスの原因に対処する方法
をしっかりと考えたり



情報やサポートやアドバイスを求め
ストレスの原因を克服したり



困難な状況をなるべくポジティブに考え、
成長する機会としてとらえることで、
その状況において最善を尽くしたり



と、


目標に向かって
頑張る力を見出し、



困難であっても
意味のある経験を
乗り越えています。





今あなたの
ストレスについての考え方は



日常生活にどのような形で
現れていますか?



ストレスを感じるたびに思うことや
口癖がきっと見つかるはずです。



ストレスについての考え方のせいで
失っているものはありませんか?




ストレスは、

自分を目標まで押し上げてくれる
大事なエネルギー源です。




考え方を少し変えて
毎日楽に、目標に向かって
走っていきましょう^^



それでは今日も
素敵な1日を♪



まみたす