おはようございます、福岡です^^

 

今日から新元号ですね✨

 

キター令和ー

♪───O(≧∇≦)O────♪

 

、、、、、年齢を感じますね( ^ω^ )

 

 

さて、昨日は

「ラスト平成!」

「グッバイ平成!」

「カモン令和ー!」

と世間が盛り上がる中

私は朝から仕事して

夜はしっぽり家で飲んでました🍺

 

で、ちょっと色々新しい企画を考えていた時に

「もっと自分のことを知りたい」と思い立ち、

「自分が幼かった時のこと」を振り返りました。

 

小さい頃からかわいらしい

まみたすだったかなぁ、と

「自分の長所を見つけるつもり」で

振り返った、

 

のに、

 

 

「いや、変人やん。」

と思うエピソードが

出てくる出てくる。。。w

 

 

・幼稚園からひとりで蟻をつぶして遊ぶ。

 

・小学校ではダンボールに入って喜ぶ。(狭いところが好き。)

 

・海でビックルの瓶(乳飲料)にヤドカリを詰めまくる。

 

・なんにもないところを見つめる。(なにかいるような気がしていた。)

 

・男の子とよく遊び、「さるめがね」といじられ、仲良くなる。(丸いめがねをかけてたから、そう呼ばれた。)

 

 

「いやいや、待てよ。

私、こんなことを思い出すために

振り返ったんじゃない!w」

 

 

このままだと

「私ってどんな人間なんだろう。」

の回答が

「ただの変人」になる、、、

 

と思い、再度考え直しました。笑

 

 

すると、ちゃんと自分の

長所というか

特性というか、

飾らない自分ってどんな人間か

が見えてきたんです。

 

 

・ひとりあそびがすきだった。

 

・小学生からいろんなグループになじんでいた。

 

・友達が多く、小学生時代に「交換ノート」は10冊以上持っていた。(書ききれず溜めまくる。)

 

・いじめられている子とも、普通に話す。(偏見がなくフラット。)

 

・人の悪口は言わない。(「悪口っておいしいの?」みたいな感覚。)

 

・男女問わずいじられていた。(天然だったらしい。)

 

・マイペースに自然を感じて過ごしていた。(雪を食べたり、花の蜜を吸ったり、虫を捕まえたり。)

 

・人の負の感情がよくわからなかった。辛い悲しいイライラする、などは友達から教わった。(ただのハッピー野郎。)

 

 

 

そうやって思い返すと

私は幼い頃から友達が多くて

いつも人に囲まれて助けられて、

 

だけど一人でも平気でマイペースで

すごくハッピーな子だったなって思ったんです。

 

 

だけど社会人になった時に言われた

周りからの私の印象って

 

・バリキャリウーマン

・厳しい先輩

・目つきがこわい

・てか、まみさん怖い

 

だったんですよね。

 

 

私、大人になるにつれて

「真逆の自分」になってしまったなって思って。

 

これも含めて、「私」だから

「戻す」というより

「進化」というイメージですが^^

 

 

今、順番に「自分に着せた鎧」を

外しているんですが

 

まだまだいろんなものを

身につけているかもしれないな

と感じました。

 

 

「自分ってどんな人間なんだろう」

 

そんなことをふと

考える機会はみなさんも

多いのではないでしょうか。

 

大人になるにつれて

周りの目を気にしたり

幼い頃に言われたこと

(学校・友達・親)

を自分のルールにして

自分がわからなくなる方も

いるのではないでしょうか。

 

 

そんなときは「自分の子供の頃」を

思い出してみてくださいね😉

 

 

今日も素敵な1日を✨