みなさん、はじめまして!

まみたすこと

福岡 眞味です^^

改めまして

”わたしのトリセツ作成レッスン”

へのご登録、ありがとうございます♡

こちらでは

メールレッスン購読者特典として

7秒で作れる

雰囲気美人の創り方

をお届けします。

以前、セミナーでお伝えしたところ

「わかりやすい!」

「すぐ使えて実践的!」

というお声をいただきました✨

今はもうこちらの内容で

セミナーは実施していないので

メールレッスン購読者様限定で

特別にお伝えします。

まずそもそも、

7秒って短いと思いませんか?

実は

雰囲気美人かどうかというのは

話す内容でもなく

服装でもなく

年齢・仕事でもなく

最初の、相手と会った瞬間に

もう、すでに決まっているんですね。

みなさんも

「この人素敵だなぁ」

と判断するのは

「第一印象が良かった」

「話してみると、やっぱり素敵だった」

という

「第一印象が良い」前提で

「素敵かどうか」を判断されていると思います。

最初の見た目で好き嫌いが決まっている

「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?

人の第一印象というのは

視覚情報 55%

聴覚情報 38%

言語情報 7%

で決めれられる、という法則のことです。

つまり、視覚情報(見た目)で

ほぼ好き嫌いは決まります。

「この人素敵!」と思われる3Step

ここからがポイントです。

相手に「この人素敵!」と思ってもらえる

第一印象を作るための

簡単3Stepをご紹介します。

Step1 参加者(相手)にアイコンタクトを送り

Step2 目があったら笑顔で

Step3 会釈と挨拶

もうこれだけです🙌

これだけおさえていたら

あなたの存在で

雰囲気がパァっと明るくなります^^

最初の「参加者全員にアイコンタクトを送る」

こちらも、されている方とそうでない方とでは

かなり印象が変わってきますので

ぜひ実践してみてくださいね♡

声のトーンも重要

メラビアンの法則で

視覚情報の次に重要なのは

聴覚情報、つまり、「声のトーン」です。

地声は大体、

ドレミの音でいうと

ド・レの音でみなさん

お話しされるんですが

初対面の人と話すときは

親しみやすさ・明るさなどの

印象を与える

ファ・ソの音で話す方が

印象はアップします✨

電話に出るときの声、

だと思えばイメージしやすいでしょうか^^

「はい、〇〇です」と

少し声が高くなりますよね。

初対面では少し高めのトーンが

相手に良い印象を与えます。

ぜひ練習してみてくださいね^^

まみたすのワンポイントレッスン

素敵な笑顔をつくる3つのコツも、一緒に練習するとより好印象を与えることができます。その3つのコツをご紹介します。

①上の前歯を6本見せる。

②口角をあげる。

③目尻をさげる。

すぐ使えるのでぜひ実行してみてくださいね♪