「まみたすって
どんな人が苦手?」


と聞かれて
あんまり思い浮かばなかった
まみたすです。



というのも
人っていろんな側面があって
会う人によって
見せる側面が違うし



人は変わっていくので
どんな人が苦手なのか


というのは
その人のある側面しか
見ていないと思うんです。



といっても
無意識に
「この人は苦手」



ラベルを貼っていることも
あるだろうなと


ふと自分の内側を
見てみました。


なぜなら苦手意識は
自分が持つ意識であって


相手がどうとかより
自分自身の問題だからです。



人は無意識に
 

相手の事を
「優しい人」。

「真面目な人」。

「いい加減な奴」と、

ラベルを付けています。
 

そして自分自身も
ラベルをつけられています。



でも、
自分の中には、

「頑張り屋の私」も

「おせっかい好きの私」も

「なまけものの私」
もいます。
 

きっと、
「あの人」の中にも、
たくさんの
「あの人」がいます。
 

他人から
どのように見られるかを意識しても
時により、
場面により、
他人の評価は違います。
 


だから
「実は〇〇さんって
〇〇なところがあるのよ。」
みたいな


他人から
他人の評価を聞くことは
あまりしません。



し、
真剣に耳を
傾けません。



「そういう一面も
あるんだな。」


ぐらいに留めます。



自分の目で見て
感じ取る相手と
しっかり向き合いたいからです。




結論、
自分が他人を
評価することは
難しいのです。



逆に
自分自身も
他人の評価は
気にしていたら
キリがないんです。



「こんなことを
したら笑われる。」


「どんなふうに
思われているんだろう?」

 

そんなことを
気にしても
仕方ないのです。



相手は
相手のままでいい。



そして
あなたは、
あなたのままでいい。



どんな一面も
あなたです。



丸ごと
受け容れてみましょう^^



今日も素敵な1日を
お過ごしくださいね♪