今日は
パートナーシップについて
お伝えします♪


そもそも
結婚生活にある感情は


「好き嫌い」ではなく


「愛おしい」とか
「なんとなくこの人と一緒にいたい」
という
「愛情」ですよね。


刺激とか
ドキドキ云々ではなく
結婚はもっと
地味で退屈なものです。


そして結婚は
共同で創造します。



相手にしてもらうことと
自分がやることが
全部掛け算になっていきます。



自分がどれだけ
結婚生活に「与えるか」
で2人の人生が
創造されていきます。



ということは

恋愛は
「与える訓練」
なんですね。



恋愛でも最初は
与える事は
難しくありません。



しかし継続していくことが難しいのです。



人生は常に3つの
選択肢できています。


与えるか、
何もしないか、
奪うか。



自分がパートナーに
何が与えられるかを
考えてみましょう。



苦しい時に
もう嫌だと思うのが
恋愛です。


苦しい時だからこそ
相手を支えたいと思うのが
結婚のステージです。



そして、

パートナーシップの意味は
「自分が誰かを知る」
その1点につきます。



相手と一緒にいることで
自分の良いところ
悪いところが
拡大されて出てきます。



それによって、
自分でも気づかなかった
自分の素晴らしさ


その反対の自分の
よくないところも
手に取るようにわかってきます。



パートナーシップにおいて
1番多い勘違いは


【パートナーが自分を
幸せにしてくれる相手だ】

と考えること。



、、、そんなわけ
ありません。笑



パートナーは自分の鏡となって
自分の良いところ
悪いところを見せてくれるだけです。



本質的に幸せは
あなたの中にあるものです。



あなたが豊かな人だったら
パートナーシップも何倍も豊かになります。



パートナーとのやり取りで
自分の最高のもの
最悪なものがあぶり出されます。



それを癒しながら、
自分を理解し、
相手を理解し、
愛の意味を見つける。



それがパートナーシップです。



つまり、何が言いたいかと言うと


恋愛しても
結婚しても
パートナーシップも
幸せも全部



「自分の豊かさ次第」

です。



「恋愛は相手がいるから
難しいことだ」


と思うのではなく


「すべて自分を
あらわす鏡だ」



と受け入れ
進めるかどうかで



恋愛しても
結婚しても
パートナーシップも
幸せも全部
変わります。



【恋愛は与える訓練】


周りの方に与えられるよう
自分の中にある豊かさに
気づいていきましょうね^^



今日も素敵な1日を
お過ごしください♪