まみたすです🐱

 

今日は大阪は雨。

眠ってる間も

雨の音が聞こえていたので

 

夢の中で

洗濯物を取り込んでいました。

 

夢の中では雨がザーザー降っていました。

 

ベランダが広くて

取り込む服も多かったのですが

 

ひとつずつ丁寧に

取り込んでいる自分がいました。

 

やっと全部取り込めた時に

雲から差し込む朝日が見えて

 

「あぁ、これから晴れるんだな」

って明るい気持ちになった瞬間に

目が覚めました。

 

なにごともそうですが

「最悪だな」って思った次には

「最高なこと」が起こったりしますね。

 

今私は、新しいことを色々始めていて

まだ結果が出なくて

足踏みしている感覚があるのですが、、、

(昨日は色々悔しくて自分に怒ってました。笑)

 

すべてはベストなタイミングでやってくると

信じてやってみています。

 

 

話は変わりますが。

昨日で最後のセッションだった

クライアントさんがいました。

 

 

「人の役に立てない」

「何も長続きしない」

「次の仕事をどう選べばいいかわからない」

というお悩みをもっておられましたが

 

3ヶ月間一緒に向き合って

自己否定がなくなり

「なんとかなるか」

と前向きな考え方を身につけた方です。

 

彼氏との関係も変わったのだとか♡

 

 

そのクライアントさんから

「まみさんは寄り添いつつ

客観的に物事を見てくれて

的確な指摘をくれる。クールな感じ」

と言ってもらいました。

 

「私ってクールなんだ」

と新しい気付き。。。

これまた自覚がないやつ。笑

 

 

そして「指摘をもらえる」ことに

安心を感じることがあるんだと

またそれも気づきでした。

 

 

私は「指摘」って言葉に

マイナスなイメージをもっていたんです。

 

なんかこう、、、鋭いというか、

傷つけるんじゃないかって

思ってました。

 

だけど他のクライアントさんも

「まみちゃんは、ちゃんと話を聞いて

指摘してくれるのが安心する」

と言ってくださった方がいたんです。

 

 

「指摘する」

これって私は

自分の正しさを

押し付けているんじゃないか

って勝手に思い込んでたんですね。

 

 

だから自分が感じたことは

あんまり発信してこなかったと思います。

 

「なんかそれ、違うんじゃないかな」

って思っても言わないことが多かったんです。

 

でも、

言って欲しい人もいるし

言って欲しい時もあるんだったら

 

「私が感じたことを伝えてもいい?」

って許可を得てから

しっかり伝えていくことを

意識してやっていこうって

思いました。

 

言葉は刃物になり

人を傷つけることもありますが

 

それは相手が

「受け取る準備ができていない時」

に言葉を発するからだと思うんです。

 

いきなり言葉を突きつけられたら

傷つくし血が出るし痛いけれど

 

「今から言ってもいい?」

って事前に聞いてもらえたら

構えるなり

ガードするなり

血を流す覚悟なり(笑)

できますよね。

 

なんなら

「グサっとさしてください!

受け入れます!」

って人もいますしね。笑

 

今は指摘されたくない!

ってときは

「ごめん、今はむり」

って断ればいいことですし。

 

言葉で人を傷つけるのではなく

言葉で人に勇気を与える

 

そんな人でありたいなと感じました。

 

 

自分の言葉には価値がある

 

そんなことを気づかせてくれた

ひとコマでした。

いつもありがとう*

 

それではまた!

 

まみたす