先日、ある女性の
転職の相談に
のっていました。


お話する中で
出てきたのは



「人と話すのは
好きだと思うけど


どんな人か
わからない人
(無口な人)
と話すことが苦手」


とのことでした。



人は、
どんな人か
わからないとき


どんな場所か
わからないとき


など

自分が知らないことや
わからないことに
不安や恐怖を感じます。



裏切られたら、、
傷つけられたら、、、
騙されたら、、



という可能性が
あるからです。



だから、
人を信じることって
ある意味、恐怖です。



だけど
信じることって
実はそこまで
難しくないのです。



実は


「信じ抜く」


ことの方が
もっと難しいのです。


初対面の人
関係が浅い人


なら


一回信じることは
そこまで難しくありません。



だけど



家族
友人
パートナー





信じて、
信じて、
信じぬいて生きる。
 


ことが
あなたにはできますか?



「信じ抜く」ためには
理性的な努力が必要です。

 

そして
「信じ抜く」前に
とっても大切な
人間の前提があります。



それは


【人間は不完全】


とういこと。



失敗したり、
裏切ったり、
心ならずも
嘘をついたりします。



つまり
人間は

「信じられない
不完全な生き物」


なんです。



「理性的には
信じられないもの」



それが人間です。



そんな人間を


信じて、
信じて、
信じ抜く。



そんなことが
できる人間が


成功や幸せを
掴んでいきます。



もちろん、
悩んでいる時、
不安な時は


「本当に信じていいのか?」

「これをやり続けていいのか?」
 

と感じるものです。



そんな時こそ、

自分を、
パートナーを、
 

信じて、
信じて、
信じ抜く。
 


そんな自分で
在りたいですね。



結局
信じるものは
すべて自分にあります。



今日も自分の声を聞いて
楽しんで生きましょう^^



今日も素敵な1日を
お過ごしください♪