おはようございます、福岡です^^

 

今日は「会社員」が「専門性」を磨きづらい理由についてです🙌

 

ここでいう「会社員」というのは

歩合制とか成果報酬とかではなく

固定給を毎月いただいている状態のことを言います

 

 

今って「自分の専門性」とか

「自分の強み」「価値」を提供して

仕事(起業)される方が多いですよね。

 

中には「会社員をしながら副業」を

されている方もたくさんいます。

 

ここでは、「会社員がよくない」とかではなく

「会社員」だと専門性を

磨きづらい理由をお話しします🙌

 

 

 

 

 

 

 

理由は、とても単純でシンプルで、

「専門」と言えるほど

スキルを磨く時間がない

からです。

 

 

みなさんも聞いたことがあるかと思いますが、

なにかひとつのの

「スキル」「分野」をマスターしようと思うと

10,000時間かかると言われています。

 

 

普通のサラリーマンは

名刺交換

レポート

ワード

エクセル

などなど

ひとつのことに集中してなくて

 

いっぱいいいろんなことを

25〜65歳くらいまでの

約40年間を費やしてやってるわけです。

 

 

いろんなことをやるのが

悪いわけではなくて、

いろんなことをやってると

経験が浅いんです。

 

 

 

ちなみに40年分の労働時間があれば、

約7つのスキルをマスターすることができます。

 

 

一年で働く日は、

20日×12ヶ月で240日です。

そこから国民の祝日17日、

平均的な有休取得日数9日を引くと、

一般的な人で、年間214日働く事になります。

 

214時間×8時間(残業なし)=1712時間。

1712時間×40年=68,480時間。

 

残業もあると思うので

おそらく7万時間は労働してますよね。

 

 

 

、、、、なんだか会社で働くのって

もったいなく感じませんか?

 

 

会社員でいる以上、

どうしてもひとつのことに集中していない

(分散している)環境になります。

 

 

その会社で働く労働時間を

自分が大好きなこととか

自分の強みを磨くことに

費やした方がいいんじゃないかな

と、私は思うんです🙌

 

 

何やってるかわからない状態で

40年やるんだったら

好きなことひとつに集中して

やってみるのはいいんじゃないかなと感じます✨

 

好きなこと愛することを

打ち込むことで

長期的に考えるとリスクが低く

成功する可能性が高いですよね♪

 

 

とは言っても

会社を辞めることも

勇気の要ることだと思います。

 

かなり大きな勇気を必要とするうちは

やらなくていいと思います。笑

 

ぽんっと、背中を押されて

できるくらいの勇気なら

やってみると良いですが。

 

会社員でもできることってたくさんあるし、

会社で働きながらひとつの自分の

「専門性」を意識して

 

働きながら常日頃磨いていくことは

ひとつの賢い方法かなと思います✨

 

営業でも

パソコンスキルでも

接客でも

イラストでも

投資でも

なんでも良いと思います😉

 

 

ある分野とかスキルに

フォーカスして働いている会社員は

少ないんですよね。

 

 

なので、日頃から自分の「専門性」を

意識してみてくださいね♪

 

自分の専門性が見えづらい方は

以下のワークも参考にしてみてください^^

 

<ワーク>

周りの人から

「あなたはまるで〇〇のようだ」

と言われたことはありますか?

▷5つ以上書いてください。

 

自分の好きなことで周りの人が

喜んでくれたことはありますか?

▷5つ書いてください。

 

やっていて楽しいことの中に共通点はありますか?

▷5分ほど時間をとって考えてみてください。

 

 

 

いかがですか?

自分が楽しいことで、

他人に喜んでいただけることを

どんどん提供していきたいですね💕

 

それが、「専門性」だと思います♪

私も磨き中です💪

 

 

それでは今日も素敵な1日を♪